姉ちゃん、親、俺、ときどき姉ちゃんの彼女

俺にとって、家族は本当に大事

親心

宮川大輔はフジテレビの「すべらない話」で自分の姉ちゃんはレズって言ったでしょう。俺の姉ちゃんもレズ。

レズって言ったら、ちょっと言い方っていうか、話のトンやイントネーションによって意味が全然変ってくるから、レズって言ったら、母ちゃんが怒る。レズがきもいってなに!?そんなかたよった偏見は無知の証拠。

ってか、俺はきもいもなんも言ってないけど、母ちゃんは過剰反応をしてしまう。

それはそれでしかたがない。姉ちゃんは、中学校時代に既にカミングアウトした。普通の親なら、理解できない部分が多いかもしれんけど、俺の両親はあっさり納得した。娘はレズっていうのが恥ずることじゃないけど、今後を考えれば、棘の道に立たされた娘の方が普通の女の子より辛いことが多くなると考えれば、胸が痛むって言う。

そのまま進学するより、自分の意思で姉ちゃんは中学校を卒業してから、アメリカに留学することにした。

飛行機でアメリカに旅立つ姉ちゃんを見送ったとき、家族で1人も泣く人がいなかった。アメリカで頑張ってな。体を気をつけてな。会いにいくからって一般的に別れるときによくある会話だった。

raito.jpg

通関口に入っていった姉ちゃんの背中を見て、俺はなんだかすっごく寂しい気持になって、目頭に熱いものを感じたけど、しけた場になるから、ぐっと我慢をしてきた。振り向いてみたら、俺の両親はもう泣き崩れていた。

世間の目ってあるから、娘をアメリカにやったっていう感情は、両親のどこかにあったかもしれないけど、姉ちゃんを一生懸命を理解し、支えようとする親は理屈じゃ分かるけど、現実になればそうできる人はどれぐらいいるって話だ。

俺の親ってやっばすごいわ!!



« - »

俺の家族 姉ちゃん